OBS 設定の詳細

太字が Mixer の推奨設定です。重い場合は各自の環境に合わせて変更してください。全体的な配信の流れはこちら

OBS設定 一般

OBS設定 一般

OBS設定 配信

OBS設定 配信

OBS設定 出力

x264 を前提としています

エンコーダ

  • x264
  • NVENC H.264(軽い、画質悪め。ShadowPlay)

レート制御 ※1.2

  • CBR (固定ビットレート constant bitrate)
  • ABR (平均ビットレート Averate Bitrate)
  • VBR (可変ビットレート Variable Bitrate)
  • CRF (Constant Rate Factor)

ビットレート (設定FPSによって変わる)

  FPS 30 FPS 60
1080p 2300 – 2800kbps 3200 – 3500kbps
720p 1800 – 2500kbps 2500 – 3500kbps

上記以下の解像度はには記載はないですが1080pと720pの数値が大体twitchと同じでしたので参考までにtwitchの数値を載せておきます。 ※3

  • 480p: 900-1200
  • 360p: 600-800
  • 240p: Up to 500

キーフレーム間隔(秒,0=自動)

  • 1(動きの多いゲームの場合)~3(動きの少ないゲームの場合)

CPU 使用のプリセット

  • ultrafast<superfast<veryfast<faster<fast<medium<slow<slower<veryslow<placebo
    低負荷/低画質————————————————高負荷/高画質

プロファイル

  • なし
  • baseline
  • main
  • high

チューン

  • zerolatency
    レイテンシ最小の設定。画質は悪い。主にストリーミング用。

可変フレームレート(VFR)

  • チェックなし

x264 オプション (スペースで区切る)

  • Mixer 配信の場合は特に記入なし

OBS設定 音声

OBS設定 音声

OBS設定 映像

OBS設定 映像

  • 基本(キャンバス)解像度 ゲームの画面の解像度
  • 出力(スケーリング)解像度 配信画面の解像度
  • FPS 共通値 30~60

画像はFPS30で720P配信の場合の画面

OBS設定 ホットキー

OBS設定 ホットキー

OBS設定 詳細設定

OBS設定 詳細設定

参考