OBS Studio で Mixer に配信する (無料ソフトで最小遅延)

Mixer で遅延の少ない配信をするには FTL という Mixer 独自のプロトコルで配信する必要があります。 FTL 配信に対応しているソフトは OBS Studio と XSplit です。

従来方式の、RTMP で配信することもできます。
RTMP は、平均遅延が 10 ~ 15 秒の他サイトでも多く利用されているプロトコルですが、ラグがないことがメリットと謳う Mixer において、こちらの方式を選択する意味はほぼないでしょう。

このページでは OBS Studio での配信方法を解説します。

OBS Studio をダウンロードする

OBS Studio のインストール

OBS Studio with FTL(OBS Studio)をダウンロードする

Stream Key(ストリーム キー)の取得

Mixer にログインした状態で、右上のアイコンをクリック、【MANAGE CHANNEL】、STREAM SETUP の横の四角が重なったアイコンをクリックするとStreamKey がコピーされた状態になります。
Mixerのストリームキーを取得する
キーは誰とも共有しないでください。
配信タブの設定

配信種別:Mixer FTL Service
サーバー:Auto
ストリームキー:(先程Mixerサイトでコピーしたものを貼り付け)
出力タブの設定(公式のページで記載されている設定。PCの環境により変更してください)

出力モードを詳細に変更
レート制御:CBR
ビットレート:とりあえず2500のまま
キーフレーム間隔(秒,0=自動):3
CPU使用のプリセット:おすすめfaster
プロファイル:high
チューン:zerolatency

OBS Studioにソースを追加

配信したいゲームを立ち上げた後、ソースで[+]を押し、[ゲームキャプチャ]を選択する
モードから[特定のウィンドウをキャプチャ]を選択
ウィンドウから配信したいゲームを選択し、[OK]を押す
[配信開始]を押す
 

OBS Studio の設定の詳細はこちら