Windows 10 の機能で Beam に配信する方法

2017 年 4 月 11 日の Windows 10 の Creators Update で、Windows 10 自体に Beam への配信機能が実装されました。
これにより細かな設定や OBS-FTL などの配信ソフトを使用しなくても簡単に Beam に配信できるようになりました。

OBS-FTL ほど細かな設定はできませんが、OBS-FTL と同等の遅延のほぼない配信をすることができるので、Windows 10 を利用しているならば手軽さでは一番です。

まだクリエイターズ アップデートをインストールしていない場合はこちらからアップデートをすることができます。(アップデート後は、PCの細かな設定が元に戻ったりする場合があります)
Windows 10 Creators Update の解説、ダウンロードページ

Windows 10 から Beam に配信するための初回設定

左下の Windows マークをクリックすると表示される歯車マークをクリック
Windows の設定から[ゲーム]をクリック
ゲームバーをオンにする

Windows 10 から Beam に配信

配信するゲームを起動して[Windows]+[G]でゲームバーを起動
配信ボタンをクリック
[配信を開始]をクリック
配信が開始されました
一時停止、配信終了などはゲームバーからコントロールすることができます

ゲームバーショートカット

  • Windows のロゴキー+ G:ゲームバーを開く
  • Windows ロゴキー+ Alt + G:ゲームプレイの最後の数分間を記録します(ゲームバー > 設定で記録された時間を変更できます)。
  • Windows ロゴキー + Alt + R:録画の開始/停止
  • Windows ロゴキー + Alt + Print Screen:ゲームのスクリーンショットを撮る
  • Windows ロゴキー + Alt + T:録画タイマーの表示/非表示
  • Windows ロゴキー+ Alt + M:マイク録音の開始/停止

https://support.xbox.com/ja-jp/xbox-on-windows/social/record-game-clips-game-dvr-windows-10